脱気技術 

真空脱気は液状または水を含む材料から残留する空気を除去した高効率ソリューションです。液体容器内の圧力を減少させることで純度と固形強度を高めることができます。

 

材質を化学性質によって有効にして、その外形は大きな厚みはないか、または強い表面張力を持ち材料に不要な気泡が発生する空気の取り込みが容易になります。固化までに脱気しないと気泡が結節して空洞やへこみなどの欠陥が生じます。時にこれらの欠陥は見えない表面の下に出現し、ある程度使用した後に出現します。

 

固化段階までに材料を真空脱気室に入れてその上方の空気圧を下げると気泡は膨張して表面に上ってきます。脱気していない製品と比べると、脱気済みの製品はその引き裂き強度が大幅に改善されています。

 

この応用は材料の体積を厳しい要件に合致させます。特に有機シリコン製品はその他材料を混合してフィルムを製作する時、その体積の制御は品質に影響する重要な要素になります。

シリコーン内に残留する気泡   

脱気することで隙間なくシリコンを配置    

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。