プラズマエッチング処理 

有機シリコン材料は主にフィルムやプラスティック素材をシールして保護しますが、シール材質はいつも品質上の問題が出現します。

 

フィルムやプラスティック素材にプラズマ成形処理を施した先端テクノロジー製造技術はウェット能力を改善してシリコン樹脂と結合して驚くべき貼り合わせ効果を発揮します。逆にシリコンやフィルムに接着剤を添加すると品質に欠陥が生ずる可能性があります。接着剤の添加はコストが低いですが、接着剤はシリコン材料や粘性を損なってしまいます。

 

2007年に景運塑膠股份有限公司社は約400万ドルを投資して業界トップのプラズマ成形装置を採用し、メディカルケア業界においてこの技術を応用したパイオニアです。

有機シリコンはその科学的安定性と物理的強度および生物互換性によって医療器械の製造に常用されていますが、表面改質による各種基材の接着を促進しなければなりません。そのため、メディカルケア業界では用途によって使用の妨げとなる場合があります。

 

熱可塑性オレフィン(TPO)と熱可塑性ポリウレタン (TPU)などは有機シリコン接着剤を散らしてはいけませんが、これはこの材質が骨格の材料とすることが難しいことを示しています。

 

これら表面改質の製造方法において景運塑膠股份有限公司社は先進的なプラズマ成形処理でプラスチック材料基材の表面エネルギーを高めています。

プラズマエッチングは適切なガス混合物を噴射して発光する高速電流を作り出します。プラズマはプラスイオン、電子、中性ガス原子または分子が反応した物質の混合物です。反応したイオンビームが材料表面に向けたハイパワー反応性イオンフラックスはミクロ的に基板の表面積を増加します。

 

低圧 (真空)の真空室で処理を行い、空気を抽出した低圧状態でガスを流入させると同時に基板表面をイオンビームに暴露してエッチングを行います。

下記の通り、プラズマ成形処理がシリコンとプラスチック基板(TPU)をより強力に貼り合わせます。

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。