複合材質との一体成型

JYプラスチック材料は最先端の金型で製造します。あらゆる複雑な形状や化学特性に対応でき、様々な物質形態を構成できます。このためシリコーンは基本的に軽度に混合したシリコーンオイル材質で材質自体の重量を均等に分散でき、先進的医療分野で応用できます。臨床研究における設計でも、シリコーンは手術の位置決め機器に使用する材質です。手術における位置決めとは手術部位へのガイドであり、確実なガイドによって患者の安全を確保し、合併症の発生を防ぐものです。

 

1度の製造プロセスでより多くの物理特性を創出できるよう JYプラスチック材料の設計要素はより多種類の硬質ユニットを含み、これによりその位置決めについて極力合併症のリスクを減少させるというもので、マルチユニットによる先端技術で業界成長の新たなレベルを切り拓きます。

2 in 1シリコン+その他基材

材料の最大の長所はシリコンが体重に均等に分布して圧力を分散することです。しかし外科手術において特定の位置に体を保持して支える時はより柔軟な材質が必要です。発泡スチロール埋め込み心材はゲル状位置決め器の柔軟さを保つと同時に体を良好に位置決めして静止状態を保持します。この複合材質設計により高品質低コストの方法でこの種の製品を生産することができます。

外装--有機シリコーン

・ 医療用シリコーンが最大圧力を提供

・ 有機シリコーンは優れた柔軟性と

  温度制御特性を持つ

・ 3D設計により最適化が可能

強化心材

・ 発泡スチロール心材は、各層間の圧力干渉区と

  することが可能

・ 発泡スチロール心材は、堅固なサポート機能を

  提供して、その形状を保持することが可能

3 in 1シリコーン+緩衝材質+プラスチック材料

実心台座: 景運塑膠股份有限公司の専門知識は、プラスチック材料部品を金属支柱の曲線に、しっかりと

     つなぎます。より重要なことは、プラスチック部品は、容易にしっかりと金属支柱に固定されて

     繰り返し使用できることです。

 

緩衝材質: 半固体材質の柔軟な緩衝効果は、極めて良好な外部振動からの保護効果を提供します。

     最も重要なことは、外部の接着層と底部のプラスチック部品をシームレスに接着することです。

 

外部有機シリコン: 患者が麻酔状態にある時、圧力の開放と熱安定性の優れた性能により、潰瘍や神経損傷など

         体に圧力に関する合併症が出現するのを防ぐことができます。手術台の馬蹄形枕に

         使用します。

 

3 in 1シリコーン+緩衝材質+金属材料

 

手術患者の位置決めに最適な手術ガイドです。同時に患者の潜在的なリスクを最低限度にまで低減します。術前に設置し、位置決め器を手術台に挟んで適切に調整することができます。膝と杖のよくある設定は固定支柱の台座に固定が必要で、シリコーンパッドにくっつけます。

 

数十年にわたる有機シリコーン素材と金型の革新的テクノロジーの経験から当社は正確な工程計算によってシリコーンと発泡スチロールと金属を、単一の要素の中に完璧に結合させています。有機シリコーンは柔軟性をもつと同時に、金属部品の周囲にも高密度発泡スチロールを採用して硬質支柱の台座とすることができます。革新的デザインの製品は安全に校正調節ができ、長時間のサポート効果を提供するとともに、時間を節約します。

実心台座

・ 台座の3D外形設計は、シームレスにアクセサリー上に固定できます。

・ 金属または、非金属材質で製造しています。

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。